19大

「割に合わない」中国ミャンマー間の石油パイプライン 稼働の裏で(2)

2017年04月21日 17時00分

 中国「一帯一路」経済圏構想を進める習近平氏は4月、北京に招いたミャンマーのティン・チョー大統領と、2年間棚上げしていたミャンマーの石油パイプラインを稼働させることに合意した。初の首脳会談の成果とみられたが、実は別の目的もあった。

 3月上旬、中国の「両会」(国会に相当)が開催されていた最中に、中国と国境を接するミャンマーのコ―カン自治区(漢民族が集住する中国語圏地域)でミャンマー政府軍とミャンマー民族民主同盟軍(以下、コ―カン同盟軍)との間で武力衝突が勃発。7000人の難民が中国雲南省南傘地域に逃げ込んだ。この戦闘ではミサイルが南傘鎮を「誤爆」して、民間人の死傷者を出した。

江沢民派によるもの?ミャンマー軍事衝突

 習政権はこの予期しなかった軍事衝突に怒り、コ―カン同盟軍に対して、自主的に停戦を宣言するよう直接要求した。さらに、コ―カン同盟軍が援助資金を受け取るために中国農業銀行に開いていた口座の1つを凍結。3月末にはコ―カン自治区にほど近い雲南省南傘地域に軍隊を集め、演習を行った。

 習主席がティン・チョー大統領を中国に招いたのは、この軍事衝突が起きた後だった。この軍事衝突が起きた当時、中国をめぐる情勢は複雑だった。

 大紀元メディアグループのラジオ「希望の声」の分析によると、この当時は▼北朝鮮の挑発的な言動を繰り返し、▼韓国のTHAADシステム配備について、中共宣伝メディアが国内の愛国心をあおり韓国との経済関係を悪化させ、▼中国共産党序列3位の張徳江が「中国は香港特別行政区行政長官選挙に介入する権利がある」と発言して香港情勢を撹乱していた。これらの動乱の背後にいずれも江派勢力の影が見え隠れている。

ミャンマー国内の武装勢力 江沢民派から巨額の資金援助

ミャンマーのコ―カン自治区ではミャンマー政府軍とミャンマー民族民主同盟軍との武力衝突がしばしば勃発。
写真は2015年、ボランティアにより難民に支援品の衣類が投げ渡される(Ye Aung Thu/AFP/Getty Images)
関連キーワード

関連特集

^