インタビュー

緊張の朝鮮半島 日本がしめす姿勢は=櫻井よしこ氏

2017年04月26日 18時00分

日本の対北朝鮮政策 対話と圧力

ー日本は北朝鮮に対して、どのような態度を示すことが望ましいでしょうか?

 対話の余地を残しながら、圧力を掛けること。国際社会はこれまで制裁してきました。日本は、北朝鮮へ多くの国民が拉致された問題があるため、さらに厳しい外交政策をとり、制裁してきました。

 拉致問題解決のために、拉致被害者の家族は、日本独自のこの厳しい制裁を、逆に解除すべきだとの意見があります。北朝鮮に拉致された日本国民を救うためにも、対話の可能性を示したほうがいいということです。

 もちろん、安倍政権は国際社会と同じレベルの制裁は維持しますが、それよりも厳しい日本独自の制裁については柔軟に考えると思います。

トランプ政権 軍事行動「取るべきときは取る」姿勢

ー米国は北朝鮮に対して、軍事力を駆使してけん制しています。米国が実際に攻撃する可能性はあるのでしょうか。

 シリア爆撃は北朝鮮を念頭に置いたもの、と言ってよいと思います。米中会談の最中、トランプ氏が習近平氏にそのことを伝えた意図は、中国へ警告を与えることだったと考えられます。

 国際社会で認識されていることは、ロシアはシリアを擁護、中国は北朝鮮を擁護という構図。国連の制裁決定を邪魔してきたことは事実です。

 北朝鮮がどのような行動にでるかによりますが、トランプ政権は軍事行動「取るべきときは取る」と思います。中国抜きで、米国は単独行動をする状況が考えられます。

ーもし有事に発展した場合は?

 北朝鮮が有事なら、韓国のみならず、日本も相当な被害を受けることが考えられます。被害の拡散を防ぐために、米国政府は事を運ぶと同時に、短時間で制圧する方法をとるでしょう。

平壌攻撃ならソウルや東京の被害は避けられないとも

 一部の専門家の話では、平壌を攻撃すれば、「ソウルや東京で被害が出ない方法などない」とも言われています。北朝鮮はミサイル・核を多く持っています。しかも、分散して地下施設などに隠しています。一度の攻撃ですべて壊滅することは不可能であると考えられ、このために北朝鮮に対する軍事行動は一概に簡単ではありません。

 金正恩氏は、考え方の予測ができない人物です。ただ、確かなことは、シリアの事例を見て、「シリアが(米国)攻撃されたのは、シリアには反撃能力がないからだ」と思うでしょう。つまり、北朝鮮は兵器の実験を続けて、一日も早く核開発と小型化、米国を標的にできるICBM(大陸間弾道ミサイル)を完成させようとするでしょう。今、(有事)が起こらなくても、どこかで衝突が起こる可能性は否定できません。

限界のなかの現行法 何もできない日本

ーそのとき、日本国民は何ができるでしょうか?

 我が国は現状、何もできない状態です。例えば、軍事行動に移る前に、連携諸国と経済封鎖を行うと仮定します。それを実行するのも憲法のしばり、自衛隊法のしばりがあり、他国と同じ行動をとることができません。

関連キーワード
^