日本初の恐竜の足跡発見の地

大人から子どもまで楽しめる 神流町恐竜センター(群馬県)

2017年05月06日 06時00分

 日本で初めて恐竜の足跡が発見されたのは群馬県多野郡中里地区(旧中里村)で、昭和60(1985)年4月3日のことでした。この大発見を契機に、村は恐竜で村おこしを始め、恐竜王国を建国しました。その後、恐竜センターは、恐竜王国・中里村の中心的施設として開館されたそうです。

 館内には10m以上ある恐竜の全身骨格標本や恐竜の足跡などの化石などが展示されています。本物そっくりの恐竜たちが動き回るライブシアターは圧巻です。化石発掘体験などのイベントもあり、週末連休に家族で楽しむことができます。

 

化石発掘体験中(撮影 華)

 

恐竜の化石(撮影 華)

 

(撮影 華)

 

恐竜の足跡の化石 (撮影 華)

 

本物そっくりの恐竜たちが動き回るライブシアター (撮影 華)

 

神流町恐竜センター 開館時間:午前 9:00 ~ 午後 5:00
群馬県多野郡神流町大字神カ原51−2

(文 kozue)

関連キーワード

関連特集

^