中韓歴史

韓流スターに孔子の末裔 高麗に渡った唯一の子孫

2017/05/19 19:00

 今年のカンヌ映画祭にも出席した韓流の俳優コン・ユさん(37)は最近、台湾メディアの取材に対し、自身が孔子の子孫であることを語った。コン・ユさんは「僕の両親は嘘をつくような人じゃないよ」と笑いを誘った後、「孔子の子孫であることを誇りに思っている」と語った。

 コン・ユ(孔劉)さんの本名は「孔地哲」。芸名は父母の苗字「孔」と「劉」から取った。ファッションモデルを経て、2007年の大ヒットTVドラマ「コーヒープリンス1号店」に出演し、知名度を上げた。主演映画「釜山行き」は今年5月中旬に開かれた第69回カンヌ映画祭に出展され、カンヌデビューも果たした。

第69回カンヌ映画祭出展作「釜山行き」を主演したコン・ユ(孔劉、37)さんは、台湾メディアの取材で孔子の末裔であることを明かした。
5月14日、同映画出演者と監督とフォトコール(VALERY HACHE/AFP/Getty Images)

 台湾メディア・アップルデイリーは以前も、コン・ユさんの本貫(氏族集団の発祥の地)が曲阜孔氏で、孔子第54代・孔紹の子孫であることを報じている。

 元朝時代、当時の元朝皇帝が婚姻政策として公主(天子の娘)を高麗王子に嫁がせた。この時に孔子の子孫が公主の随行員として高麗に渡ったため、韓国には孔子の子孫が存在し、『孔子世家譜(孔子家系図)』には海外に渡った唯一の分派として記録されている。

^