一度は試したい高級茶

おすすめの台湾茶③ 「東方美人」

2017年06月12日 07時00分

 東方美人(アジアン・ビューティー)という異名で17世紀に西欧人を魅了したお茶。当時、わずか45キロの茶葉が家一軒に相当するほどの高級品でした。ウンカという稲の害虫が茶葉を食み、その作用で独特の風味を持つお茶が生まれます。

 味は、果実のような甘い蜜の香りが特徴で、おだやかでやさしい口当たり。発酵度が高く、深いオレンジ色が紅茶に似ています。ウンカの唾液による働きを利用しているのは、他にもダージリンティーがあります。

 烏龍茶ポリフェノールを多く含む東方美人は、健康茶としても知られています。ポリフェノールは脂肪吸収を抑制し、脂肪を体外に排出するので、肥満や高コレステロール症、また動脈硬化症などに効果があるといわれています。

〈こぼれ話〉お茶を注いでもらった時の仕草

 レストランなどで、お茶を注いでもらった人が中指と人差し指で軽くトントンとテーブルを叩くのを見たことがありませんか?これは茶礼といって、お茶を注いでくれた人への敬意と感謝を表す仕草です。

 由来は、清の時代にさかのぼります。乾隆帝が庶民の暮らしぶりを視察するために、庶民の格好をしてある村にやってきました。突然の雨に降られ、帝とお供は通りに面した小さな茶店に入ります。店の者は帝だとは知らず、薬缶と湯のみをテーブルに乱暴に置いていきました。すると、帝が自ら供の者たちにお茶を注ぎ始めました。庶民に扮しているのですから、供の者たちはいつものように帝に跪いて額づくわけにはいきません。そこで、彼らは指を折り曲げてテーブルを叩き、帝に感謝の意を表したと伝えられています。

〈参考:極める台湾茶 グリーンキャット〉

 

女性におすすめの東方美人。すっきりとした後味でリラックス効果もある(pixita)

(文・郭丹丹)

関連キーワード

関連特集

^