ヨーグルト消費増加 脱脂粉乳の輸入枠2.6倍に

2017年05月26日 11時47分

 脱脂粉乳を使ったヨーグルトの生産と消費が増していることなどに合わせて、林水産省は、29年度の脱脂粉乳の輸入枠について、当初の13,000トンに21,000トンを上乗せした34,000トンにする。

 バターの需給は安定的に推移する見込みで、平成29年度のバターの輸入枠13,000トンは変更しないという。

 同省によると、29年3月末の在庫量は24,000トン(対前年比11.0%増)と高水準。また、29年度の輸入枠13,000トンの入札も4月以降毎月実施予定で、バターの需給は今後とも安定的に推移する見込みであることから、平成29年度の輸入枠13,000トンは変更しない。

 いっぽう、脱脂粉乳を利用したヨーグルトの生産量が増加し、28年10月以降、在庫量は減少傾向で推移。29年3月末の在庫量は48,000トンで対前年比マイナス14.6%。

 29年度も脱脂粉乳の消費量の増加が見込まれることから、29年度の脱脂粉乳の輸入枠について、当初の13,000トンに21,000トン(生乳換算136,080トン)を上乗せした34,000トン(生乳換算220,320トン)とする。

 29年6月以降、独立行政法人農畜産業振興機構が、輸入入札を実施する。

(編集・甲斐 天海)

^