クリーンエネルギー

生ごみを100%エネルギー化、豊橋市でバイオマス施設を公開

2017年06月02日 14時00分

 愛知県の豊橋市は、2017年10月から稼働する「豊橋市バイオマス利活用センター」を報道関係者に公開した。それによると同センターは、生ごみや下水道汚泥などをメタン発酵して取り出したバイオガスで発電したり、発酵後の汚泥を炭化燃料化して100%利活用することができるという。

豊橋市バイオマス利活用センターとは

 豊橋市バイオマス利活用センターでは、生ごみ、下水道汚泥、し尿・浄化槽汚泥を集約し、メタン発酵により再生エネルギーであるバイオガスを取り出すことができる。取り出したバイオガスはガス発電のエネルギーとして利活用し、年間680万kWhの電力を発電する。これは、一般家庭換算で約1,890世帯分の電力に相当する。また、メタン発酵後に残った汚泥は炭化燃料に加工し、完全エネルギー化を実現させた。

運用開始に向け、生ごみの分別収集を開始

 豊橋市では2017年10月からの運用開始に先駆け、2017年4月から生ごみの分別収集を開始しており、4月の総収集量は約1,156トン。4月の第1週は目標量の7割程度の結果となったが、第4週には9割を超える状況となり、順調なスタートを切っている。
  
 豊橋市上下水道局の金子局長は「これまではごみであったものを、エネルギーに変えるという新しい取り組み。環境に対する新しい時代を切り拓く施策として、530(ゴミゼロ)運動発祥の地である豊橋らしく、行政と民間、そして市民のみなさまが一緒になった取り組みを進めていきたい」と述べた。

530(ゴミゼロ)運動とは

 530運動は、「自分のゴミは自分で持ちかえりましょう」を合言葉に、豊橋市から始まり全国に広がった環境美化運動である。豊橋市では春と秋の年2回、5月30日のゴミゼロの日と11月11日の市民の日を中心に、全市一斉の530運動を行うようになり、年間10万人を超える市民が参加する一大イベントとなっている。

(編集・岳進)

^