共産主義の終焉

「日中国交正常化」45周年で平和と友好を再考 中国「覇権国家論」を掲げるメディア

2017年06月09日 16時08分

 最近、欧米メディアは最近のトランプ大統領による「アメリカ第一主義」により、覇権国家としての気概はなく、「中国覇権国家論」を持ち上げている。メディアが「中国を世界のリーダーに」と持ち上げる背景には、米国がアメリカ・ファーストを掲げる一方で、中国の習近平国家主席は2017年の世界経済フォーラムでの演説で、「グローバリゼーション」の継続するとの抱負を示したことなどが挙げられる。

米国「パリ協定」を離脱へ、各国の反応は

 また、トランプ大統領は最近、米国は国際的な気候変動抑制の枠組みの合意 「パリ協定」からの離脱を表明し、欧州のリーダーから批判を浴びた。パリ協定には日本をふくめ世界196カ国が参加している。 加盟していないのはシリア、ニカラグアのみで、米国はここから離脱すると、世界から孤立する立場に向かうことになりかねない。

 いっぽう、同時期に欧州を周遊した李克強首相は、パリ協定の保持していくとし、欧州のリーダーたちの関心を引き付けた。

 外務省によると、中国は世界で最も二酸化炭素排出し大気を汚染する国であり、エネルギー需要は石炭燃焼に頼っている。その国が「国際的な責任を担う」と発言したことは、気候変動の世界指導者としてアメリカを代替する可能性があると、他国は真剣に考えられている。

 遠くない将来、中国は世界をリードする真の候補者になるかもしれない。しかし、中国共産党の舵取りでは成り得ない。

 中国はいまだに共産党による一党独裁政権であり、その政治的性質は、三権分立のない、不正や汚職が蔓延する専制政治体制だ。

 大紀元は、世界で何千万人もの不自然死をもたらした破壊的イデオロギーである共産主義を暴露する社説シリーズ「共産主義の終焉」で、その非人道的な思想について説いてきた。

関連特集

^