予想外!

クラシックコンサートに迷い込んだレトリバー 笑いと拍手が送られた

2017年07月11日 07時00分

 トルコの美しさを誇る古代都市エフェソス(Ephesus)で行われたクラシックコンサートで微笑ましいハプニングが発生しました。観客が美しいクラシックのメロディーに陶酔している時、なんと一匹のワンちゃんが公演最中のステージに現れたのです。しかし、会場は騒然となることはありませんでした。さて、聴衆とオーケストラ楽員の反応は?

 オーストリアのウィーン室内管弦楽団(Vienna Chamber Orchestra)がエフェソス市で公演していると、一匹のゴールデン・レトリバーが舞台の袖から悠々とステージの真ん中に出てきました。「皆、何をしているんだい?」とでも言いたげに、ゆっくりと周りを見回すマイペースのレトリバー。聴衆からは笑いが漏れ、拍手が起こりました。楽員たちも楽器を弾きながら思わず笑みを浮かべました。

 また、何を思ったのか、レトリバーはそのままコンサートマスターの横にどっかりと座り込みました。またも満場の笑いを誘い、大拍手が送られました。思いがけないことで会場は楽しい雰囲気に包まれたようです。

 「即興出演」のレトリバーは飼い主とはぐれたのか、それとも野良犬なのか。どうやって会場のステージに上がってきたのかは不明ですが、「その日の最高に面白い出来事」としてメディアで報道されました。

(翻訳編集・豊山)

関連特集

^