THE EPOCH TIMES
自由のない地

「チベット文化は風前のともしび」中国共産党による民族同化政策で

2017年07月04日 20時00分

 サーンチーさんはさらに、インドで学校を卒業して帰郷したチベット人が置かれている現状についても語った。彼らはチベットに帰郷後、誰もが何らかの問題を抱えており、国保(国内安全保衛支隊)から、お茶やコーヒーに「誘われる」ことを非常に恐れている。いったん彼らの「招待」を受けたら、ただでは済まされないからだ。ひどい暴行を加えられたものもいるが、それ以降、安否すら不明のままのチベット人もいる。そのため、サーンチーさんが帰郷したことを知っても、誰も尋ねてはこなかった。当局から目を付けられ、仕事を失う危険性があるからだ。たまたま、学生時代の友人らに出会ったが、みな涙を浮かべて「インドが懐かしい」「チベットでは何の自由もない」と声を詰まらせた。

 サーンチーさんは、ラサに住む若年層のチベット人が日常的に中国語を使い、チベット語を使用する頻度が極端に少なくなっていることを挙げ、漢民族への同化が、チベットのその他の地域よりも進んでいると憂慮している。また、日中から酒におぼれ、勉強もろくにしない若年層が多いことにも触れ、チベット人がこうして堕落してゆくことこそが、中国当局の望んでいることだとも語っている。

 現在の青海省には確たる収入源がない。そのため、働ける住民はいずれも出稼ぎに行くようになった。その結果、残される老いた父母を老人施設に入れるケースが徐々に増加している。こうした状況は、以前のチベットなら考えられなかったことだ。

中国共産党政権によるチベット民族・チベット文化撲滅政策

 ダワ・ツェリン氏は大紀元の取材に対し、共産党政権がチベットに対する高圧的な政策を一貫して崩さないのは、民族同化を進め、チベット民族を地上から消滅させることを目的としているからだと語っている。そのためには、中国当局はチベット仏教を潰し、チベット語教育をやめさせる必要がある。つまり、現在のチベットが抱える最大の問題は、人権でも、民主主義でも、自由でもなく、チベット仏教とチベット語が風前の灯火にあることなのだと説明している。

 「チベット人が独自の信仰を持ち、独自の文化や言語を維持するだけで、共産党政権は不安に駆られる。そのため当局は手段を講じてチベットの仏教、文化、言語を漢民族に同化させようとしている。当然、こうした政策はチベット人からの強い抵抗に遭うため、チベットでは常に、さまざまな問題が浮上している」

 共産党政権のチベット弾圧政策に対し、この8年間で合計155人ものチベット人が、抗議の焼死を遂げた。だが、チベット政策に変化の兆しはない。「中国当局とチベット側との衝突はこれからも続いてゆくだろう。ある民族の宗教や文化が消滅させられようとしている。これは決して容認できない問題なのだから」

 最後に同氏は、「中国共産党政権の統治下では、幸せに生きられるかどうかではなく、生きてゆけるかどうかが最大の焦点だ」と語り、チベット人が、生きるか死ぬかのギリギリの状態に置かれていることを表現した。

(翻訳編集・島津彰浩)

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^