キッズ向けアニメ 

世界の子供たちに愛される「POCOYO(ぽこよ)」 BSにて放送開始

2017年07月06日 07時00分

 スペインとイギリスの共同制作で、2〜5歳の子ども向けCGIアニメ「POCOYO(ぽこよ)」が7月3日よりBS12トゥエルビにて放送を開始しました。2005年、スペイン、イギリスで放送が始まるや、そのクオリティの高さから評判を呼び、2006年、世界最大級の国際アニメフェス「アヌシー国際アニメーション映画祭」のテレビ部門で最優秀賞を受賞。同年、英国アカデミー賞ベストプレスクールアニメーション賞受賞。その他、多数受賞。

 主人公のぽこよは好奇心旺盛な男の子。ぞうさんのエリー、犬のルーラー、アヒルのパトー、小鳥のスリーピー、女の子のニナなど友だちがいっぱいいます。ぽこよは毎日いろんなお友だちと遊びながら、ルールを守ること、我慢すること、人を大事にすることなどを学んでいきます。1話7分(全182話)、子供たちが飽きずに見られるショートアニメーションです。

 現在はヨーロッパ、アメリカ、南アメリカ、アフリカ、アジアなど世界150カ国で放送されており、英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、日本語を含む計18の言語があります。専用アプリ「ジェリージャム」をダウンロードすることでスマートフォン、タブレットで、いつでもどこでも視聴することができます。

 思いやりの心や想像力を養う盛り沢山のエピソード。「POCOYO」は、1話だけで1億回以上再生されたものもあります。世界の子供たちに愛される「POCOYO」は大人も一緒に楽しめるでしょう。

(編集・豊山)

 

関連特集

^