空から笑顔の種をまく

「九州・沖縄の翼」ソラシドエアは、就航15周年を迎えます 感謝の気持ちを胸に “つぎのソラ”へ。

2017年07月04日 14時40分

株式会社ソラシドエア(本社:宮崎県宮崎市 代表取締役社長:髙橋宏輔)は、2017年8月1日(火)に就航15周年を迎えます。この節目を迎えることができるのも、日頃ご愛顧頂いているお客様や関係各所の皆様のご支援の賜物と感謝申し上げます。
当社は2002年8月に宮崎-羽田線の運航を開始し、九州・宮崎から「県民の翼そして、アジアの架け橋になる」という設立当初からの目標を胸に、「安全運航」を堅持しつつ、社員一丸となって、九州・沖縄を中心としたネットワークの拡充ならびにお客様に選ばれるオペレーション・サービス品質の向上に取り組んでまいりました。

  ブランドコンセプト「空から笑顔の種をまく。」の下、人や地域との繋がりにこだわりながら、九州・沖縄の地域経済発展へ寄与することが「九州・沖縄の翼」としての使命であり、存在価値であると私たちは考えています。

このたび、さらなる成長そして飛躍を目指し、日本と世界をつなぐグローバルエアラインへと進化すべく、15周年を機に、お客様への感謝の想いと今後に向けた決意を表現した『就航15周年ロゴ』及び『就航15周年キャッチ&ボディコピー』を設定しました。さらに、ソラシドエア ホームページ内に「就航15周年記念ページ」を設置し、これまでの歩みに加え、今後展開予定の新たなサービスやキャンペーン等、15周年を契機とした様々な取り組みを随時お知らせしていきます。

  これからも、「九州・沖縄」になくてはならないエアラインを目指し、お客様に「笑顔」をお届けできるよう九州・沖縄らしさを生かした各種サービス展開に努めてまいります。「つぎのソラへ」と新しいステージに進む、今後のソラシドエアに、ぜひご期待ください。

【就航15周年記念ロゴ】
ブランドカラー「ピスタチオグリーン」をメインカラーとして、尾翼型を採用しました。
就航15周年(15th)と感謝の気持ちを表した「thank you」をかけたメッセージを添えています。


【就航15周年記念 キャッチ&ボディコピー】
「つぎのソラヘ。」
九州に根ざし、空から笑顔の種をまく。
おかげさまで、ソラシドエアは就航15周年。
これまでたくさんの笑顔に出会うことができました。
私たちが飛んできたのは、人と人をつなぎ、地域と地域をつなぐため。
これからはグローバルエアラインとして、日本と世界をつないでいきます。
そして、つぎのソラへ羽ばたく力になるのは、やっぱり「笑顔」。
15年分の感謝を胸に、これからも空から笑顔の種をまき続けます。

 

関連キーワード

関連特集

^