北朝鮮問題

米国、THAAD試験を近日実施か

2017年07月09日 17時26分

 米国は近日中に、中距離弾道ミサイルに対する高高度ミサイル防衛システム(THAAD)を試験する。7月7日、ロイター通信に米国の情報筋2人が明かした。

 情報筋によると、この計画は数カ月前に計画されていたもの。しかし、7月4日に北朝鮮が発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験で、米国の防衛において重要性が高まった。また、今回はアラスカに配備されるTHAADで試験する予定だという。中距離弾道ミサイル(IRBM)に対応させるの試みは初めて。

 中距離弾道ミサイルは3,000〜5,500 kmを飛行範囲とする。北朝鮮から発射されれば、米国西海岸には到達しないが、アラスカまで攻撃が可能となる。一部の米国の専門家は、7月4日に北朝鮮がテストしたミサイルは、同地まで届く可能性があると指摘している。

 北朝鮮などからのミサイル攻撃を防ぐために、米国軍は、グアムにTHAADと迎撃機を配置している。同情報筋によると、米ミサイル防衛当局は「7月初旬にTHAADの飛行試験を実施することを目標としていた」と明かした。

 北朝鮮がミサイル実験を活発化させて以来、米国は、日本と韓国とともに、ミサイルシステム試験や爆撃機の共同訓練を行っている。

(文・英文大紀元Petr Svab /翻訳編集・佐渡道世)

関連特集

^