ハイテクのリスク

自動車大手テスラのCEO「AIで人類文明は最大の危機に直面」

2017年07月18日 18時21分

 自動車大手「テスラ」と宇宙開発「SpaceX」のそれぞれの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は、人工知能(AI)について「人類文明が直面する最大のリスク」と発言し、技術開発を監督するよう政府の早期介入を求めた。

 マスク氏は「人工知能の最先端にアクセスできるとの立場から見て、(AI発展は)人々が本当に心配すべきことだと思う」と、7月13日から15日、ネバダ州ロードアイランドで開かれた会議で、知事ブライアン・サンドバル氏との対談で語った。

 以前から、マスク氏は、AIのリスクについて声を上げてきた。人類が発展させた技術の中でも「AIは積極的に規制でなければならないケースだ」とし、「伝統的な人間の文明の存在に対する、基本的なリスクがある。車や飛行機の事故、飲んではいけない薬、または食べてはいけない食べ物、といった類(レベルのリスク)ではない」と厳しく指摘した。

 マスク氏は、企業は高度なAI技術の向上を追求するよう市場の圧力がかかっており、リスクについては無関心になりやすいため、幅広い政府規制が不可欠であると主張した。

 マスク氏の心配の一部は、社会的不安定と雇用喪失による。「私たちがすべて言ったことを、ロボットはすべてやってしまえば、私たちは何もしなくなる」。

 しかし、マスク氏の一番の懸念は、ネットワークに居住し、人に害を与えるような行動をとる可能性のあるAIの機能についてだ。「AIは偽ニュースを作り、電子メールを偽装し、単に情報を操作することによって、戦争を始めることさえできるだろう」と警告した。

 マスク氏は、AIが戦争を引き起こすために、ハッキング事件や不正情報を発生させることで、各国の防衛産業の予算は引き上げられるという仮説を説いた。

英宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士
人工知能で「人類が滅びる」と警告

 いっぽう、AI規制を訴え続けているマスク氏だが「過剰な規制には反対だ」と強調。「AIに関する問題を、私たちは乗り越えなければならないだろう」と述べた。

 マスク氏のAIについてのコメントは、1時間の対談のうちのわずかな部分でしかない。同氏はほかに、「運転手のない車」「宇宙旅行の未来」について語った。

(翻訳編集・佐渡道世)

関連キーワード
^