フランク ミュラー│【GINZA SIX】フランク ミュラー25周年を記念したフェアを開催

2017年08月10日 16時31分

2017年8月10日(木)よりGSIXのフランク ミュラー ジュネーブにて、25周年を記念した限定モデルを発売。

GINZA SIXのフェアでは、25周年を記念したフランク ミュラー最初期のオリジナルカーベックスシェイプ“2851”コレクションをご覧いただけます。

 今から31年前になる1986年、 当時28歳のフランク ミュラーは、 初めてこの“トノウ カーベックス”の腕時計を製作しました。 わずか15歳で、 ジュネーブの時計学校で時計という極小機械に取り組み、 すぐさまその並はずれた才能を開花させ、 18歳の時には自身のオリジナル・デザインによる時計を完成させました。 そして20歳を過ぎる頃には個人収集家や公共の博物館の収蔵品の修理を引き受け、 自らの腕を磨きながら腕時計のすべてを学びとっていたある日、 彼の作る時計に執心なコレクターのその奥さんから、 『女性にも付けられる時計をデザインして欲しい』との依頼を受けました。 それまで男性向けのコンプリケーションばかりを製作していた彼は、 女性が身につけても美しい曲線的な腕時計を作ろうと考えたのです。 そうして生まれた“トノウ カーベックス”は、 イタリアのビチェンツァで開催されたエキスポに出品したことがきっかけとなり、 多くの人の目を釘付けにしました。 何故なら当時これ程までに大振りで且つ3次元に湾曲した腕時計をそれまで誰も目にした事がなかったからです。

そして、 日本の我々が初めてこの“トノウ カーベックス”を見た時も、 やはり同様の違和感に似た感動を憶えました。 その“違和感”とは、 腕時計という人が作った工作物というより、 むしろ、 もとより“自然物”としてあるもののバランスに似ているからかもしれません。 すべてのラインが曲線のみで構成され、 放射状にデフォルメされたビザン数字のダイアルは、 大胆でありながら繊細な美しさがあり、 まるで、 自ら熱を発して溶け出したかのような物体が、 手首に吸い付くように巻つくその様は、 不思議に何か動物的な体温を感じさせました。

このモデルは1993年の会社設立初期に製作されたもので、 86年にフランク ミュラー氏が初めて考案したオリジナルカーベックスシェイプです。 現行のモデルよりも細長い形状となり、 裏蓋を止めるビスの位置が異なり、 ベルトの付け根となるエンドピースの裏側から固定する方式が取られています。

繊細且つ優雅で、 雰囲気のあるマット仕上げの文字盤は、 最初期の小ぶりなビザン数字がレタリングされ、 まるで70年以上前に作られたフランク ミュラーのアンティークウォッチを見ているかのようです。

今回のフェアにて、25本という限られたマスターピースをぜひアニバーサリーイヤーのこの機会にお手にとってご覧いただけますよう、心よりお待ち申し上げております。

トノウ カーベックス パーペチュアルカレンダー 25th(ワールド通商株式会社)



■GINZA SIX フランク ミュラー フェア
会期:8/10(木)~8/16(水)
店舗名:フランク ミュラー ジュネーブ <GINZA SIX>
フロア:2F 区画番号:31、32
営業時間:10:30 ~ 20:30
電話番号:03-3569-0660

関連特集

^