SFの世界?

100年前のフランス人が想像した現代人の生活(下)

2017年08月31日 07時00分

 いつの時代も、人類は豊かな想像力とたゆまぬ努力によって技術的な進化を遂げてきました。100年前のフランス人が考えた今の社会は、一体どのような様子なのでしょうか。SF映画のワンシーンのような絵もあれば、すでにコンセプトだけは現代社会で実現されているものも。海の生物との共存といった微笑ましい絵もありますが、それは残念ながら、まだまだ先のようです。

もはや農作業は肉体労働ではない。農夫が機械を操作して仕事をこなす(ウィキペディア)
クジラを利用した水中バス(ウィキペディア)
飛行しながら見張りをする哨兵(ウィキペディア)
タマゴを入れるとひよこが出てくる孵化器(ウィキペディア)
海底で行う魚レース(ウィキペディア)

 

蓄音機で聞けるメッセージ。今でいう留守電のようなものか(ウィキペディア)

 

楽団はいらない?全自動で演奏する楽器(ウィキペディア)
移動式住宅(ウィキペディア)
学生たちの授業。教科書を機械に入れると、学生たちのヘッドホンから内容が流れる(ウィキペディア)
西暦2000年になると、戦車がオープンカーになっている(ウィキペディア)
想像された21世紀の戦闘機(ウィキペディア)

(翻訳編集・豊山)

 

関連キーワード

関連特集

^