火災事故

【画像】小田急線沿線で火災 車両に燃え移る

2017年09月10日 17時54分

 10日午後4時すぎ、東京・渋谷区の小田急小田原線の沿線の建物で火事が発生。代々木八幡駅と参宮橋駅の間で緊急停止していた電車の車両にまで延焼した。駆けつけた消防隊員により午後5時半までに火は消された。NHKが報じる警察の話では、これまでのところケガ人の情報は入っていない。

 小田急線は16時20分ごろ、参宮橋〜代々木八幡での沿線火災の影響で、新宿〜新百合ヶ丘の上下線の一部列車の運転を停止させていた。 同電鉄は他社線との振り替え輸送を実施している。線路や架線などの損傷の状況について確認を進めているが、復旧には時間がかかるとみられている。

 利用客や地元住民らがFacebookやTwitterなどのSNSに掲示した、火災現場の映像や画像を見ると、火災が発生した建物のすぐそばに、電車が停車していたことがわかる。消防当局の誘導で乗客は車両から降りて避難した。

延焼した車両内から利用客が撮影(@tookiegold)
沿線火災により運行停止を伝える小田急電鉄の情報掲示(@TheEnd0fCentury)
車両から降りて線路を歩き避難する利用客(@Kumadigital)

(編集・甲斐天海)

関連キーワード
^