逆輸入のプロパガンダ

フェニックステレビ、主力3番組が放送停止 日本でもCCTV大富通じて放送

2017年09月26日 10時00分

 19年間続いた、中国で最も人気のある政治討論番組「鏘鏘三人行」が、打ち切られることになった。放送局は香港メディア「鳳凰衛視(フェニックステレビ)」だが、同局はかねてから習近平氏と反対派閥となる江沢民派と繋がりが深いとされてきた。中央政府の重要人事が決まる第19回全国代表大会(19大)を控える習近平政権は、反対派の報道を封じ込める狙いがあると、専門家は見ている。

 習近平氏の妻・彭麗媛氏も1999年に出演したことがある番組だ。中国共産党がタブー視する話題も取り上げてきたため、本土でも人気が高かった。しかし、香港市民の民主化を求める活動や法輪功に対する迫害など、中国共産党が言論統制する話題には踏み込んでこなかった。

 打ち切られた「鏘鏘三人行」のほかに、2本の主力番組だった討論番組も放送終了することが決まっている。この決定は、中国全土のテレビ・ラジオ・新聞・出版社を管轄する、国家新聞出版広電総局の判断とみられている。

 フェニックステレビの最高経営責任者は、元軍所属の共産党員だった。中央政府寄りと見なされてきたフェニックステレビだったが、今頃、なぜ政権の言論統制の対象となったのか。

 CEOの劉長楽氏は、中国伝媒大学を卒業したのち中央人民広播電台(ラジオ局)に入局。時期を重ねて、人民解放軍の「総政治部(人民軍将兵の人事、規律及び忠誠度の保持を担当)」に所属する将校でもあった。のちに同ラジオ局の軍事部副主任に就く。劉氏は香港に移り住み、石油貿易と不動産ビジネスで財を築き、1996年に鳳凰衛視を創設した。

 父・劉向一氏は、中央組織部秘書局長や中央組織部弁公庁副主任などを歴任した元高級幹部。

 中国共産党とのつながりが強い劉だが、その部下もまた中央政府の元高官や、本土メディアの幹部経験者が多い。スパイ容疑で逮捕されたフェニックステレビ幹部もいる。同局アメリカ向け放送責任者・麦大泓は2008年、米海軍潜水艦の機密情報を中国共産党に渡そうとしたため、FBIに逮捕され、懲役10年の刑に処せらている。

番組打ち切り 江沢民派に対する警告

鳳凰衛視の最高経営責任者である劉長楽(大紀元資料室)
関連キーワード

関連特集

^