インタビュー

トランプ氏訪中は米中関係に何をもたらすのか=ジャーナリスト黄金秋氏

2017年11月10日 11時59分

 8日から訪中したトランプ大統領は習近平国家主席と対談し、互いに親密さをアピールした。日程にはプライベートの対談も含まれ、今年4月のマール・ア・ラーゴ同様、比較的くつろげる環境で行われれた。大紀元記者はジャーナリストの黄金秋氏にトランプ氏訪中の注目すべき点を聞いた。

―トランプ氏と習近平氏の関係について

 トランプ氏と習近平氏はその生い立ちと経歴が全く違いますが、カリスマ的な大国の首脳です。彼らが以前面会したときには、出会いの遅さを残念に思う雰囲気すらありました。トランプ氏は数回にわたって習近平氏に好感を示し、彼らの間で非常に良い友好関係が築かれていると思います。また、彼らの間には一定の信頼関係もあると考えてよいでしょう。

 トランプ氏は当選後、中国に対し一連の貿易制裁措置をとる予定でしたが、結局実施しませんでした。トランプ氏と習近平氏がこのような友好関係を築くことができれば、中米両国の関係改善につながり、誤解による衝突を避けるのに役立つでしょう。

―北朝鮮問題について

 トランプ氏は習近平氏と談笑するために北京に飛んだわけではなく、重要事項を抱えています。両者は北朝鮮問題で一定の合意に達するのではないでしょうか。

 習近平氏とトランプ氏は決して金正恩政権を野放しにさせません。トランプ氏も独裁者にアメリカの「北朝鮮の核兵器を取り除く」との決心を見誤らせないと明言しています。北朝鮮が自ら核兵器を除去しなければ、アメリカが金正恩除去に動く、という強い決意です。トランプ氏が斬首作戦を行うかもしれないし、中国がアメリカに協力する可能性もあります。

 米中両国が協力すれば北朝鮮問題の解決はいくらか簡単になるでしょう。習近平氏がトランプ氏と友好関係を保つことで両国の対話を促進し、イデオロギーの対立から生まれる障壁を突き破り、中国を開化させるのに役立つでしょう。

―90億ドルの貿易協定について

 トランプ氏が習近平夫妻同伴で故宮を見学していた時、全米トップ29社からなる豪華な代表団が、ウィルバー・ロス米商務省長官とともに汪洋国務院副総理と面会し、合計90億ドルの協議を結びました。一方でブルームバーグ社によると米中両国は2500億ドルの協定を結ぶとの情報もあり、中国が貿易不均衡を解消する動きもあるようです。

 歴代の共産党指導者たちは外国の来賓を手厚くもてなすのに長けています。トランプ氏の来訪に対し北京側は大きなプレゼントを用意し、習近平政権も例外なく一定の譲歩を見せるでしょう。

 トランプ氏の訪中で米中関係に重要な変化が訪れるでしょう。両国が協力して北朝鮮問題を解決すれば、米中関係を今後改善するうえで良い礎石となります。もしそうなれば、中国が極左路線をこれ以上進めるには一定の困難が伴います。

おすすめ記事:習近平氏の旧友 駐中国アメリカ大使「米中は共通課題に直面」

故宮の装飾に見とれるトランプ氏。(Photo credit should read JIM WATSON/AFP/Getty Images

―トランプ大統領の共産主義批判がもたらす影響

関連キーワード

関連特集

^