北朝鮮兵士が板門店で韓国側に亡命、北の銃撃で負傷

2017年11月13日 22時47分

[ソウル 13日 ロイター] - 韓国軍によると、南北軍事境界線がある板門店で13日、北朝鮮の兵士1人が韓国側に亡命した。兵士は亡命した際、朝鮮人民軍に銃撃され負傷していた。

韓国国防省の当局者によれば、兵士は南北軍事境界線の南側およそ50メートルの場所で、肩と肘を負傷した状態で発見された。

北側の監視所から韓国側に亡命し、病院で治療を受けている。

国防省当局者はロイターに対し「兵士は国連軍司令部のヘリコプターで病院に緊急搬送された。韓国側と北側との銃撃戦はなかった」と述べた。

また「北側にさらされた場所だったため、兵士を助け出すため這って行かなければならなかった」と話した。

兵士の状態や軍での階級などは確認中だとした。

北朝鮮は本件について現時点でコメントを発表していない。

*内容を追加しました。

^