豪議会、二重国籍問題で8人目の辞職

2017年11月14日 13時33分

[シドニー 14日 ロイター] - オーストラリア・タスマニア州の無所属議員、ジャッキー・ランビー氏は14日、英国との二重国籍を認め、正式に辞職すると述べた。豪議会で二重国籍が問題となった議員はランビー氏で8人目となる。

ランビー氏は父親がスコットランド生まれで、自動的に英国籍が与えられていた。すでに辞職した議員のうち複数人が同様の境遇にあり、政治アナリストは、これからも議員辞職が増える可能性があると指摘している。

ランビー氏は即座に英国籍を放棄し、議員復職を目指す意向を示した。

二重国籍問題はターンブル政権にとって痛手となっている。13日に公表された調査では断固とした行動がみられないとして、支持率が最低水準を更新した。

^