原油先物ほぼ横ばい、米産油量増加が重しに

2017年11月14日 16時47分

[シンガポール 14日 ロイター] - 14日のアジア時間の取引で、原油先物はほぼ横ばいで推移した。石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産と中東での緊張の高まりが引き続き支援材料だが、米国内の産油量増加が相場を押し下げた。

0127GMT(日本時間午前10時27分)時点で、北海ブレント先物<LCOc1>は0.03ドル安の1バレル=63.13ドル。米原油先物<CLc1>は0.04ドル安の56.72ドル。

原油先物は前週、2015年以来の高値を更新したが、トレーダーらは市場の勢いがやや鈍ったと指摘。

先物取引仲介会社アクシトレーダーのチーフマーケットストラテジスト、グレッグ・マッケナ氏は「落ち着いた動きになっている。OPECは需要見通しを引き上げたが、その効果は米石油掘削リグ稼働数によって相殺された」と分析した。

「相場は一時休止あるいは調整を必要としているようだ」と述べた。

^