ニューストップ ライフ
修煉

癲癇(てんかん)が完治 薬を使わない方法とは

2017年11月20日 07時00分
長年癲癇に悩まれていた李銀さん 法輪功を修煉して1カ月で完全治癒(李銀さん提供)

 薬物治療で改善しなかった病気が、法輪功(ファルンゴン)の修煉を通じて短期間で完治する――。中国・河北省滄州市からオーストラリアに移住した李銀さんという女性の体験談です。

 肌つやがよく、若々しくて、とても50歳過ぎには見えない李さん。そんな彼女も若い時は様々な病気に悩まされ、特に癲癇(てんかん)には長年苦しめられていました。

 李さんは幼い頃から病弱で、片頭痛や不眠、冷え症などの症状に常に悩まされていました。大人になっても体質は改善せず、23歳の時に癲癇を発症。癲癇の症状は重く、多い時は一日に3回も発作が起きました。各地の名医を尋ねて様々な薬を試しましたが、一向に効果はありません。毎日が苦しみの連続だった李さんは、「早く命を終わらせたい」という考えが頭をよぎりました。

 そんな彼女に、人生の転機が訪れました。1998年、李さんは親友からの紹介で『轉法輪』という法輪功の本を手に入れたのです。この本には、中国伝統の修煉法を説いたもので、心の修煉と共に、気功の理論や実践法が書かれていました。これによって、彼女の運命は根本から変化し始めました。「本を読み終わった時、それまでの人生で感じていた疑問の全てが解消されました。命があるうちに、この本でいわれている『真、善、忍』に従って、善い人になるように努力しなければならない、という道理も理解できました」

 煉功を始めて一カ月後、李さんに奇跡が起こりました。「服用していた全ての薬を止めたのに、病気は全て消え去りました。13年間、あれほど苦しんだ癲癇も、煉功を始めてからは一度も発作を起こしていません。それまでの人生で初めて、私は『病気がない心地よさ』を知ったのです」

 法輪功は、世界各地で習うことができ、すべて無料。『轉法輪』(ヅァンファールン)という本も無料でダウンロードできます。

(翻訳編集・山本)

関連特集

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

中国ZTE製スマホ、公式ショップで販売中止
ADB加盟国、中所得国向け貸出金利引き上げを要請
中国李首相があすから訪日 北海道で農業や新エネルギー車工場を視察
パキスタン内相が撃たれ負傷、宗教政党メンバーを逮捕=報道
緊迫の映像
貨物の中身は実弾と軍用銃、警官隊突入で現場制圧=台湾
日中韓首脳会談、北朝鮮の核・拉致問題で連携を再確認=官房長官
中国伝統気功チーム 「広島フラワーフェスティバル」で功法披露
ある企業家の心得 
日本伝統の都・京都で中国伝統文化の花が咲く 「涙溢れ出る」