北朝鮮問題、外交努力を支える軍事力重要=ハリス米太平洋軍司令官

2017年11月16日 14時58分

[東京 16日 ロイター] - 来日中のハリス米太平洋軍司令官は16日午後、小野寺五典防衛相と会談し、北朝鮮問題について、「外交努力が第一義的に必要なことは明らかだが、確固たる軍事力でそれを支えることも重要だ」と語った。

日米は外交的な制裁に加え、北朝鮮に軍事的な圧力を強めるため、さきごろ日本海で米空母3隻と自衛隊が共同演習を行った。小野寺防衛相はハリス司令官に「北朝鮮に対し、たいへん強いメッセージになった」と指摘。ハリス氏は「日米の艦艇が共に航行する非常に良い写真が撮れた」と応じた。

*内容を追加します。

(久保信博※)

^