ニューストップ ライフ
うそも方便

犬を虐待から守れ!嘘をついてエジプトからレスキュー

2017年11月22日 07時00分
アゴの骨2カ所を折るほど激しい虐待を受けていたルーシー(NTD Inspired)

 「犬を飼う人は犬好き」というわけでもなさそうだ。中には、虐待を繰り返す飼い主もいる。

 2015年末、エジプトにいた子犬のルーシー(犬種・ピットブル)は日常的に暴力を振るわれていた。同じビルでドッグ・シェルターを営むスタッフがみかねてルーシーを引き取ろうとしたが、飼い主は拒否。ルーシーはアゴの骨二カ所を折るほどの暴力を受け、命の危険にさらされていた。

保護されたばかりの頃のルーシー(NTD Inspired)

 ルーシーの救助を更に難しくしたのは、飼い主がビルのオーナーだったこと。彼の機嫌を損ねれば、ドッグ・シェルターのスタッフたちも出ていかなければならない。そこで、彼らは米国で犬の保護活動を続けるSNARR (Special Needs Animal Rescue & Rehabilitation)へ連絡し、ルーシーをこっそりと米国行きの飛行機に乗せた。エジプトの飼い主には、「ルーシーは死んだ」と嘘をついたという。

(NTD Inspired)

 SNARRの代表を務めるローレン・コネリー氏によると、ルーシーはアゴの傷が感染し、そこから放つ臭いが強烈だったという。ルーシーを診た獣医師は、「飼い主から強く蹴られたか、あるいはレンガのようなもので殴られた可能性がある」と言ったと話す。傷が癒えるまで、ルーシーはスープ状のドッグフードを与えられて命をつないだ。

新しい家族と共に暮らすルーシー(NTD Inspired)

 その後、スタッフたちの懸命な看病によりアゴが完全に回復したルーシー。1歳になった彼女は新しい家族に引き取られ、幸せに暮らしている。

(文・郭丹丹)

関連特集

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

中国臓器移植の闇
戦慄の「脳死マシーン」再現、中国の移植病院に潜入取材=韓国報道
北朝鮮、米国のテロ支援国家指定に「重大な挑発」と反発
米学生寮で中国人留学生が「インスタント火鍋」を調理 全員避難の大騒ぎに
ジンバブエ、前副大統領のムナンガグワ氏が24日に大統領就任
中国戦闘機墜落でパイロット死亡 機体保護優先の掟か
独国民の半数が再選挙望む、2割は少数与党政権を支持=世論調査
修煉
癲癇(てんかん)が完治 薬を使わない方法とは
中国文化の崩壊
心のない愛 子を見ない親 簡体字が映すもの
中国文化の崩壊
心のない愛 子を見ない親 簡体字が映すもの