THE EPOCH TIMES
中国臓器移植の闇

戦慄の「脳死マシーン」再現、中国の移植病院に潜入取材=韓国報道

2017年11月22日 19時00分

 死体からの臓器提供の「死」には2種類あり、心停止か、脳死状態だ。心臓が動かず、急速にその機能が衰えてやがて身体が冷たくなる心停止よりも、血流が流れ身体が温かい脳死状態のほうが、臓器移植の条件としては適切となる。

 セブン取材班は、中国で脳死研究をしていた重慶警察学院付属病院の心理学研究センターを訪問した。取材に応じた研究員は、脳死状態にさせる機械を紹介した。「脳死マシーン」と呼ばれるその機械は、横たわる人物の頭部に金属球を強く打撃させ、その衝撃波が頭蓋骨を超え脳に伝達、脳幹を停止させ、瞬く間に脳死状態にするという。番組で研究員は、実験は死体が使われていると語った。

 「死体を使っている」というのは果たして本当だろうか。この研究員は、権力闘争により命の危険を感じ重慶米国領事館に逃げ込んだ公安部長で、法医学士の王立軍と共に仕事していた人物だという。

 王立軍は、臓器移植プロジェクトで成果を上げ、重慶トップ(当時)の薄熙来の右腕とよばれるまで出世した。王立軍は2006年、共産党の科学技術研究基金の受賞スピーチで、数千人もの収容者の人体で実験を繰り返し、臓器摘出と移植技術を磨いたと述べている。警察あがりの王立軍は「(囚人を)処刑した後、その身体から臓器が複数の身体に移植されていくのを見て大いに感激した」と、臓器摘出をして収容者を殺害するのを、まるで悪人を退治しているかのように語った。

おすすめ 重慶亡命事件:臓器狩りの真相が明らかになるか 王立軍の受賞スピーチ

 前述のマタス氏はこれまで、中国が臓器摘出のために、人を脳死状態にさせる技術は「薬物注射によりもたらされるもの」と推測していた。しかし、このたび韓国のテレビ局の取材で初めて「脳死マシーン」という戦慄の機器が利用されていることが明らかになった。

 番組制作チームは、「脳死マシーン」を再現した模型を製作した。韓国の臓器移植倫理協会長イ・スンウォン氏(外科専門医)は模型を見て、脳を破損させた状態(脳死状態)で、人体の臓器を長時間保存する目的のために使用する機械だと推測した。「死体を利用していないだろう」とも述べた。

殺しても生きたい?番組は視聴者に問う

 セブン取材班は韓国から中国へ患者を斡旋したブローカーにもインタビューしている。このブローカーは自慢げに、2003年に300人の臓器移植希望者を集め、一度に中国に連れて行ったと語った。

 中国の臓器移植センターに、韓国からの移植希望患者を紹介した韓国人医者も、セブンの取材に答えている。臓器がすぐに入手でき、生きたいと強く望む自分の担当患者が、無事に国に戻ってくるので、中国移植渡航の結果に満足していた。

 この医師は、臓器の出所は政治犯だと知っているが、紹介することは後悔していないという。医師は逆に記者に聞き返した。「死に直面したら、あなたはどんな決断を下しますか?」

「殺せば生きられる」と題された同番組は、生命倫理の問題を問いかける。番組制作の背景には、韓国の臓器移植倫理協会(IAEOT)が、中国への移植渡航の問題性について韓国国民に認知してもらうよう長年、働きかけてきたことであると、終盤で明かした。主要メディアは、中韓関係の悪化、取材の危険性から、踏み出すことができなかった。セブン取材班は、2カ月にわたりIAEOTと協力し、中国にわたる現地取材を敢行した。

「あなたが神を信じようが信じまいが、悪魔と取引をしてはならない」ー。中国の刑務所で囚人の強制臓器摘出を目撃した元囚人が取材班に語ったこの言葉で、番組を締めくくった。

参考動画:生死の間ー中国 増え続ける臓器移植の謎(新唐人テレビ、2015年制作)

参考:中国臓器移植問題について映画上映会情報を配信する「移植ツーリズムを考える会

(記者・林恩恵、翻訳編集・齊潤/佐渡道世)

関連キーワード

関連特集

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^