THE EPOCH TIMES

米学生寮で中国人留学生が「インスタント火鍋」を調理 全員避難の大騒ぎに

2017年11月22日 17時18分

 米国ロードアイランド州にある寄宿学校の学生寮で11月16日、中国人留学生が調理した「インスタント火鍋」が原因で、火災警報機が鳴り響き、全校生徒が避難する大騒ぎになった。AP通信などが伝えた。

 地元の消防署によると、当日18時頃、セント・アンドリュース・スクール(St Andrews School)の寮で検知器が反応し、消防が出動したが火災は確認されなかった。状況を調べたところ、警報器が作動した部屋には天然ガスやストーブなどの設備がなかったため、原因は一時特定できなかった。

 しかし、入居者の中国人留学生に直接尋ねると、警報器が鳴った時に「自分は晩ごはんを作っていた」と答えた。両親に中国から送られてきた「インスタント牛肉火鍋」で、発熱剤付きで水を注ぐだけで高温の蒸気が発生し、簡単に調理できるというインスタント食品だった。

 消防士らは一酸化炭素検知器でこのインスタント食品の周りを測定してみたら、一酸化炭素の濃度が非常に高いとアラームが鳴った。

 消防署長のスコットキャロル(Scott Carroll)氏はメディアの取材で「幸いなことに、建築の換気状況がよいため、一酸化炭素を吸入し、中毒となった学生はいない」と述べた。

 2017年に入って「電気や火を使わず、冷たい水だけで熱々が食べられる」とアピールした「インスタント火鍋」あるいは「怠け者火鍋」が、わずか数カ月で中国本土をはじめ、香港や台湾などの中華圏を席巻し、大きな反響を得てヒット食品になった。

 

(翻訳編集・王君宜)

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^