「滬港通」導入3周年 香港株の中国A株化が鮮明に、「相場の急騰落に要注意」=専門家

2017年11月24日 14時19分

 香港株式市場と中国上海の人民元株式市場(A株)が互いの上場株を取引できる制度、「滬港通」は11月17日に導入してから3周年を迎えた。

 香港証券取引所の最新統計によると、過去3年間で中国本土投資家がこの制度を利用して、約8088億香港ドル(約11兆3232億円)規模の香港上場株式を保有することになった。本土からの投資資金流入で、香港株式市場での1日の売買代金は3年前と比べて10倍に膨らんだ。専門家は、香港株式市場が今後「中国A株化」する傾向が強いと指摘した。同市場での投機リスクが増大し、株価相場が急騰急落する可能性が高いため、リスク管理が必要だと投資家に注意を促した。

 本土資金で売買代金が3年間で10倍に

 2014年9月に、香港では学生や市民らが民主化を求める大規模なデモ、「雨傘運動」を展開した。中国当局は、香港市民の人心を収めようとする狙いで、それまで延期されていた「滬港通」計画を10月末に突如許可し、11月17日に導入を始めた。

 中国当局は現在、2015年と16年に株価大暴落が発生した国内A株式市場に対して、取り締まりを強化している。この結果、本土から膨大な資金が次々と香港市場に流れ込んだ。背景には、本土投資家が香港市場の銘柄を過小評価している、銘柄の選択肢が多いなどと認識していることが挙げられている。

 香港市場主要株価指数のハンセン指数は、今年始めから今月16日までにすでに31%上昇した。主因は、本土投資家からの積極的な買い注文だった。

 香港証券取引所によると、10月31日まで「滬港通」の3年間の累計売買代金は3兆3270億香港ドル(約47兆円)。本土からの流入資金総額は累計6375億香港ドル(約8兆9250億円)。本土投資家が保有する香港株の規模は8088億香港ドルで、香港市場の時価総額全体の2.5%を占める。

 また、本土投資家の1日の売買代金は14年の4億6000万香港ドル(約64億4000万円)から、今年10月の44億6500万香港ドル(約625億1000万円)に拡大した。香港市場の1日の総売買代金の占める割合は、15年の2.4%から現在の7.2%に上った。

 香港証券取引所の李小加・最高経営責任者(CEO)は16日、新規株式上場の記念イベントに出席した際、滬港通によって今後5~10年間、より多くの資金が中国本土から香港市場に流れ込むと推測した。潤沢な資金流入に伴い、今後外国企業は、香港市場の上場を加速化させるとした。

 しかし、李CEOは現在香港市場が過熱化しているため、「リスクに警戒すべきだ」と、中小個人投資家に呼び掛けた。

 市場関係者「香港市場の投機ブームに拍車を」

 香港証券会社、宏高証券有限公司の投資アナリストの梁傑文氏は大紀元に対して、「本土資金の流入で、香港市場に投機ブームをもたらし、しかもそれに拍車をかけた」と指摘した。

 香港株式市場で取引を行う主力は、これまで香港の機関投資家だった。「香港の機関投資家は比較的理性的で、企業の業績や収益などを綜合的に分析して、資産運用をしてきた。このため、今まで株価の値動きは激しくなかった。しかし、本土の投資家が企業のファンダメンタル分析をしないで、どんな銘柄でもとことん買い注文を出す特徴がある」

 梁氏は、香港市場の株価相場は急騰落する可能性が高いとみている。

 また、梁氏は本土資金の流入で、「香港市場に上場する本土の不動産企業の収益が低迷しているのに、株価は高値を維持しているという奇妙な現象が起きている」との見解を示した。

 中国当局は国内で、不動産価格抑制措置を実施しているため、不動産大手の恒大集団などの収益が縮小した。しかし、昨年1年間で恒大集団の株価は前年と比べて5倍も上昇したことで、同社の許家印会長は9月米フォーブス誌が発表した中国富豪番付の1位となった。

「今注意しなければならないのは、もし香港の個人投資家、またはヘッジファンドが企業業績・収益の分析に頼って投資を行えば、必ず大きな損失を被ることだ。資金的に優勢な本土投資家に勝ち目が全くないだ」

 さらに、梁氏は本土投資家の取引方法が「非常に野蛮で」「冷酷だ」と批判した。本土投資家に狙われた銘柄の相場は短時間で、必ず急騰し急落するという。

「本土投資家が投資利益率を吊り上げるために、相場の低い銘柄を狙って大量に買うが、儲けが出たらすぐに大量に売却する。たとえば、昨年年末に上場したIT企業の美図秀秀。当初、香港投資家と海外投資家はこの企業の業績に悲観的で、投資意欲がなかったため、相場は低い水準を維持していた。しかし、今年3月同銘柄が深セン市場との乗り入れ制度である『深港通』に採用されると発表を受けて、美図秀秀は9日間連続で急騰した。3月20日、同銘柄が過去最高値を付けた直後、利益確定で本土投資家から売り注文が殺到して急落が始まった。この日の下落幅は11.2%。多くの個人投資家が巨額な損失を被り、市場は阿鼻叫喚の様相となった。美図秀秀は時価総額で、この日、一時300億香港ドルが消えた」

 「政治的リスクも要注意」

関連キーワード
^