中国国際航空、北京・平壌便の運航を無期限で停止

2017年11月22日 14時46分

[台北/北京 22日 ロイター] - 中国国際航空(エア・チャイナ)<601111.SS><0753.HK>は、需要低迷を理由に、北京と北朝鮮の首都平壌を結ぶ便の運航を無期限で停止した。北朝鮮は核・ミサイル開発を巡り米国の制裁拡大に直面している。

エア・チャイナの北京の広報担当者は22日、ロイターに対し「事業が好調でない」ためフライトが停止されたと述べた。運航再開の時期についてはコメントを控えた。

同社の平壌行きフライトは2008年に開設され、通常は月曜、水曜、金曜に運航していた。ただ国営メディアはこれまで、フライトのキャンセルは頻繁にあったとしている。

エア・チャイナの平壌のスタッフはロイターに対し、十分な需要があれば運航は再開されると述べた。

^