ニューストップ ライフ
色ツヤは大丈夫?

爪で深刻な病気が分かる ネイル・アーティストの助言

2017年12月06日 07時00分
(NTD Inspired)

 爪は健康のバロメーター。色ツヤに異変を感じたら、それは病気のサインかもしれません。

 ある日、アメリカでネイリストをしているリサ・ウィリアムス(Lisa Williams)さんのところへ、女性客がやってきました。「暗い色でネイルしてほしい」という彼女の爪を見ると、くっきりと黒い線が浮かんでいました。ネイルの色で、その線をカバーしたいというのです。

©Facebook | Lisa Harrison Williams

 それまで多くのネイルサロンを訪れていた女性客によると、彼女の爪に対する意見は様々でした。「カルシウムが足りない」「遺伝」「血豆(ちまめ)」などの意見がありましたが、何が原因なのかは分かりませんでした。

 しかしリサさんは、女性客の症状はもっと深刻であることを察知しました。「彼女を怖がらせたくなかったけど、すぐに医者へ行くことを勧めました」とリサさんは当時を振り返ります。

 しばらくしてリサさんは女性客から連絡を受け、彼女がメラノーマ(悪性黒色腫)にかかっていたことを知りました。すでに彼女のガンはリンパ節に転移しており、予断を許さない状況だったのです。

 爪に変化があっても、ほとんどの人は心配する必要はありません。ただし、時に深刻な病気が隠れていることもあるので「年配の人たちや愛する人たちの手足の爪を、時々チェックしてあげて」とリサさんはフェイスブックで呼びかけています。

(翻訳編集・郭丹丹)

関連特集

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

緊迫の朝鮮半島
迎撃成功率は5割?米国の専門家「ICBM対策は不十分」
米大統領、エルサレムをイスラエル首都と認定へ 長年の政策転換
中国の「一帯一路」、隣国がプロジェクト中止相次ぐ 高すぎる対価で警戒
豪州、外国からの政治献金禁止へ 中国の影響力増大を懸念
中国共産党を擁護した豪労働党幹部、党内重役を辞任
米軍のB─1B戦略爆撃機、朝鮮半島上空を飛行=聯合ニュース
間もなく年末、アジア旅行に人気急上昇の都市は?
真の親切とは
孔子と弟子たちの問答
ぬいぐるみ?
子猫と赤ちゃん 寄り添う姿に癒やされる