国連事務次長が5日から訪朝、李外相らと会談へ

2017年12月05日 09時10分

[国連 4日 ロイター] - 国連は4日、フェルトマン事務次長(政治局長)が5日から8日まで北朝鮮を訪問すると発表した。北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相らと会談する。

国連のステファン・ドゥジャリク報道官によると、北朝鮮は9月にニューヨークの国連本部で首脳会合が開かれた際、フェルトマン事務次長の訪問を要請。要請は先週、確認されたとしている。

同報道官は記者団に対し「北朝鮮当局は以前から国連と政策対話を行いたいとの意向を示していたが、今回の訪問はこうした要請に応えるもの」と述べた。フェルトマン事務次長の訪問はグテレス事務総長による訪朝に道筋をつけるものかとの質問に対しては、「今後も続くことを願っている」と述べた。

ドゥジャリク報道官によるとフェルトマン事務次長は中国も訪問する。

国連によると、国連高官による北朝鮮訪問は2011年以来初めて。

*写真を付け、カテゴリーを追加します。

^