ニューストップ 国際

豪下院で新たに9議員の国籍に疑問の声、与党はさらなる議席減も

2017年12月07日 21時00分
 12月6日、オーストラリアで二重国籍の保有による議員辞職と補欠選挙が相次ぐ中、下院で過半数議席を割り込んだターンブル政権が新たな危機にさらされている。写真は豪首相。キャンベラで5日撮影(2017年 ロイター/AAP)

[シドニー 6日 ロイター] - オーストラリアで二重国籍の保有による議員辞職と補欠選挙が相次ぐ中、下院で過半数議席を割り込んだターンブル政権が新たな危機にさらされている。

オーストラリアの憲法では、議員の二重国籍を認めていない。

最高裁判所には先に二重国籍が判明した政治家7人の議員資格の判断が付託されており、6日には8人目となる野党上院議員を巡る判断が委ねられた。

野党労働党はこの日、新たに9人の下院議員について国籍に疑問があるとして、最高裁に議員資格の判断を付託することを議会に提案。9人には、野党の4議員のほか、与党連合の4議員が含まれる。

与党連合の4議員が二重国籍者と認められば、辞職せざるを得ず、与党の議席がさらに減ることになる。

自由党と国民党からなる与党連合は、二重国籍問題による議員辞職で下院の過半数を失い、支持率が低迷している。

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

中国ZTE製スマホ、公式ショップで販売中止
ADB加盟国、中所得国向け貸出金利引き上げを要請
中国李首相があすから訪日 北海道で農業や新エネルギー車工場を視察
パキスタン内相が撃たれ負傷、宗教政党メンバーを逮捕=報道
緊迫の映像
貨物の中身は実弾と軍用銃、警官隊突入で現場制圧=台湾
日中韓首脳会談、北朝鮮の核・拉致問題で連携を再確認=官房長官
中国伝統気功チーム 「広島フラワーフェスティバル」で功法披露
ある企業家の心得 
日本伝統の都・京都で中国伝統文化の花が咲く 「涙溢れ出る」