ニューストップ 国際

米のエルサレム首都承認、多くの国が追随見通し=イスラエル首相

2017年12月07日 21時40分
 12月7日、イスラエルのネタニヤフ首相は、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と正式に認定したことを受け、多くの国が米国に追随するとの考えを示した。エルサレムで撮影(2017年 ロイター/Ronen Zvulun)

[エルサレム 7日 ロイター] - イスラエルのネタニヤフ首相は7日、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と正式に認定したことを受け、多くの国が米国に追随するとの考えを示した。

ネタニヤフ首相は、今後米国と同様の認識を示す国から既に打診がある、と明らかにした。ただ、具体的な国名は挙げなかった。

米国は、現在テルアビブにある米大使館をエルサレムに移す方針を示しており、移転には3─4年かかるとしている。

ネタニヤフ首相は「米大使館がエルサレムに移り次第、もしくは、それよりも前に、多数の大使館がエルサレムへ移転する動きが広がるだろう」と述べた。

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

浸透工作を防止
オーストラリア、反スパイ法大幅見直し 外国の政治献金禁止など
豪下院で新たに9議員の国籍に疑問の声、与党はさらなる議席減も
中国高官、香港の一国二制度を相次いで否定
昭和天皇独白録「原本」、高須クリニック院長が3000万円で落札
中国、ガス供給不足で集中暖房がストップ、極寒に耐える市民から批判殺到
経済再建狙うベネズエラの仮想通貨、専門家は実現を疑問視 
J1リーグ最終節で川崎が逆転優勝、「守備より攻撃」を貫く
回心向善
良いも悪いも「一念」で決まる よい人生を送るには?
色ツヤは大丈夫?
爪で深刻な病気が分かる ネイル・アーティストの助言