THE EPOCH TIMES

日英、製品規格の相互承認協定に意欲

2017年12月15日 10時48分

[ロンドン 14日 ロイター] - 日英両政府は、英国の欧州連合(EU)離脱後、速やかに製品・サービス規格の相互承認協定を締結したいとの意向を示した。

河野太郎外相は訪問先のロンドンで、EUとは協定を結んでいるが、英国のEU離脱に備え、日英の協定締結に向けた準備を進めたいと発言。

ジョンソン英外相も「EUと日本の経済連携協定を拡大し、英国向けに適用する必要があるという認識は全く正しい」とした上で「相互承認については、容易かつ速やかに実現できると確信している」と述べた。

相互承認協定を締結すると、相手国向けの機器の認証を自国で実施することが可能になり、貿易を円滑に進めることができる。

英国は米国に次ぐ日本第2の投資先。日本企業の英国への投資総額は400億ポンド(536億8000万ドル)以上。日本企業は英国で14万人を雇用している。

^