ニューストップ 国際

米連邦航空局、主要原子力施設上空をドローン飛行禁止区域に

2017年12月19日 16時44分
 12月18日、米連邦航空局(FAA)は、安全保障上の理由から全米の主要原子力施設7カ所の上空をドローン飛行禁止区域に設定すると発表。写真はニューヨークで2015年撮影したドローンとその上空を飛ぶ飛行機(2017年 ロイター/Carlo Allegri)

[ワシントン 18日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は18日、安全保障上の理由から全米の主要原子力施設7カ所の上空をドローン飛行禁止区域に設定すると発表した。実施は29日で、ニューメキシコ州のロスアラモス国立研究所やワシントン州のハンフォード・サイトなどが対象となる。

FAAは、他の安全保障当局が出している追加的なドローン飛行禁止区域設定要求も受け入れるかどうか検討中だと説明した。

今年になってFAAは既に133を超える米国内の軍事施設周辺のドローン飛行を禁じている。国防総省は8月、米軍基地は航空機の飛行を危険に陥らせたり、その他の脅威をもたらすようなドローンを撃墜できるとの見解を示した。

FAAは、自由の女神像やマウントラシュモア国立記念碑といった米国を代表する建造物10件の周囲のドローン飛行も認めていない。

米国ではドローンの飛行急増に対する懸念が強まっている。先週には米運輸安全委員会(NTSB)が、ニューヨークのスタテン島近くで9月にドローンと米軍ヘリが衝突した事故の報告書を公表した。

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

中国大手民営企業、相次ぎ海外資産を売却 
ロシアの脅威は増大、欧州地域の弱体化図る=英政府高官
韓国で新版の偽100米ドル札 鑑定機をすり抜けるほど 北朝鮮関与か
北朝鮮問題、中国の役割が重要との認識で韓国外相と一致=河野外相
中国政経分析
危機的状況でも崩壊しない中国共産党政権のカラクリを語る=何清漣、程暁農
米税制改革法案の可決ほぼ確実に、クリスマス前に大統領署名か
自殺防止の特効薬
師走のご馳走
陰陽のリズムに従った健康な生活