THE EPOCH TIMES

ペンス米副大統領、アフガン訪問 ガニ大統領らと会談

2017年12月22日 13時43分

[カブール 22日 ロイター] - ペンス米副大統領はアフガニスタンを訪問し、同国のガニ大統領らと会談した。訪問は事前には公表されていなかった。

ペンス副大統領は21日夜に軍用機でアフガニスタンのバグラム米空軍基地に到着。その後ヘリコプターで首都カブールに向かい、ガニ大統領とアブドラ行政長官と会談した。

ペンス氏は自身の訪問が、「最後まで関与する」という米国の姿勢を示す証拠だと述べた。トランプ米大統領は8月、アフガニスタンで反政府武装勢力タリバンに対する軍事行動を強化すると表明し、米軍の増派を示唆した。トランプ氏は昨年の大統領選では駐留米軍の早期撤退を呼び掛けていた。

ペンス氏はイスラエルとエジプトを今週訪問する予定だったが、米議会での税制改革法案の採決に合わせてワシントンにとどまるため、中東訪問を延期していた。アフガン訪問は当初、中東訪問の一部となっていた。

今回のアフガン訪問は治安上の理由から公表されず、同行した記者は、ペンス氏がカブールから空軍基地に戻り演説を終えるまで同氏の所在を明らかにしないよう伝えられた。

ペンス氏はバグラム空軍基地で、同地域への米国のコミットメントを強調。「われわれの国家に対するテロリストの脅威を排除するまで、米軍は引き続きアフガニスタンに関与していく」と述べた。

^