THE EPOCH TIMES

「法輪功学習者への迫害停止を」スロバキア国会議員39人が習近平氏に書簡

2018年01月03日 13時34分

 中欧・スロバキア共和国の国会議員39人が習近平氏に書簡を送付、法輪功学習者やチベット・ウイグル人等に対する弾圧を停止するよう求めた。議員諸氏は4つの党派からなり、スロバキア国会の4分の1強に相当する。書簡では中国共産党政権の弾圧政策を糾弾し、迫害の責任者・江沢民らの責任を問うよう求めた。書簡は2017年12月7日、世界人権デーに首都ブラティスラヴァから発送された。

あなたにおすすめ:中国で高齢者があいつぎ実刑判決を受ける理由とは
あなたにおすすめ:知られざる「中国版ゲシュタポ」の実態

 書簡では中国で起きている人権弾圧の事例として法輪功学習者に対する臓器狩り、マイノリティーに対する圧迫、そして高智晟弁護士への迫害を挙げ、習近平氏に人権状況の改善を求めた。議員らはまた、この書簡は中国を糾弾しているものではなく、中国共産党政権が犯した罪を糾弾するものであると言及した。

 スロバキア国会では同日、中国における臓器狩りのドキュメンタリー映画が上映された。共産主義国家で数十年間生活したPeter Osusky議員は「何千何万もの法輪功学習者が暴力にさらされているのに直面して、私たちは目を背けるのではなく直視すべきだ」と感想を述べた。また、Ondrej Dostal議員は「独裁政権下で迫害されている人々を救うことは民主国家に住む者の道徳的義務だと思う。特に政治家の義務である」と述べた。

・・・・・・・・・・・

【書簡日本語訳】

関連キーワード

関連特集

^