THE EPOCH TIMES

韓国と北朝鮮の対話は両国次第、金正恩氏の誠意に疑問=米国務省

2018年01月03日 10時37分

[ワシントン 2日 ロイター] - 米国務省のノアート報道官は2日、韓国と北朝鮮が対話するかどうかは両国が決めることとした上で、仮に対話が実現しても金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が誠実に対応するかは疑問、との認識を示した。

報道官は記者団に対し「両国が話し合いを望むと決断するなら、それはもちろん両国の選択となる。キム氏は米国と韓国を分裂させようとしているのかもしれないが、そうはならないと断言しておく。話し合いの席におけるキム氏の誠意にわれわれは非常に懐疑的だ」と語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

^