THE EPOCH TIMES
賛否両論

男の子に家事を教えるべき?

2018年01月15日 07時00分

 幼い息子が家事を手伝う写真をフェイスブックにアップした女性。「将来、彼が独身になったとき困るでしょう?」とコメントし、息子に料理や掃除、洗濯を教えていると説明する。彼女の子育てについては、賛否両論のコメントが寄せられた。あなたはどう思いますか?

 米ミシガン州に住むニコール・ポーリーンさん(Nikkole Paulun)は、二人の子供を育てるシングル・マザー。フェイスブックには、6歳の息子ライル君が洗濯物を取り込んだり、グリルチーズ・サンドイッチを作ったりする写真が載せられている。

Facebook | Nikkole Paulun

「家事は、女性だけがするものではないわ」というのがニコールさんの信条。「いつか彼が結婚して子供ができたら、それなりの家事を引き受ける必要があるでしょう」

 ライル君には、車のタイヤ交換や庭の芝刈りだけでなく、料理も洗濯もできる男性になってほしいという。

Facebook | Nikkole Paulun

 これに対してネットユーザーからは、「私も100%賛成だわ!」「子供の頃から教えないと、ずっとやらなくなるのよね」など、多くの好意的な反響が。しかし、中には辛辣なコメントもある。

「子供を奴隷にしないで!自分がやるべき家事をやらせるなんて。責任を教えるのはいいことだけど。でも、いい加減にしなさい!」

Facebook | Nikkole Paulun

 もともと、アメリカで人気のリアリティーテレビ番組「16歳での妊娠」に出演していたニコールさん。ティーンで妊娠が発覚した彼女は、波乱万丈の日々を惜しげもなく披露する。有名人となった彼女の子育て論には、注目が集まるようだ。

「自分は料理や家事をする必要はないと思っている男性は、子供の時にきちんとした躾を受けなかったのよ。保護者の皆さん、覚えておいて!」

 男性でも、家事ができた方が周りから感謝されるし、万が一独身になった時にサバイバルできると信じる記者。皆さんはどう思われますか?

Facebook | Nikkole Paulun

(文・郭丹丹)

関連キーワード

関連特集

^