THE EPOCH TIMES

インドネシア証取ビル、崩落で数十人負傷 爆弾の形跡なし

2018年01月15日 17時46分

[ジャカルタ 15日 ロイター] - インドネシアの首都ジャカルタにある証券取引所ビルで15日、中2階部分が崩落した。警察によると少なくとも77人が負傷した。警察は爆弾が仕掛けられた形跡はないと発表。付近を封鎖し、避難作業を進めている。

けが人の多くは、取引所ビルに見学に来ていた学生という。

崩落したのは、1階のメインロビーの上に張り出す形になっていた中2階部分。現場にはガラスやコンクリート片などが散乱している。

崩落後、同取引所は午後の取引を再開した。

同取引所は2棟の高層ビルで1990年代後半に建てられた。世界銀行や国際金融公社(IFC)なども入居している。2000年9月にはイスラム武装勢力の自動車爆弾による攻撃を受けた。

*内容を追加しました。

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

^