ニューストップ 経済

川崎重工、中国企業に勝ち NY市地下鉄1600両受注へ

2018年01月22日 17時04分
川崎重工業が受注する見通しになったニューヨーク市交通局の新型地下鉄車両の模型。NYCTが公開した。(Flicker)

 米ニューヨーク市の地下鉄を運営するニューヨーク州都市交通局(MTA)は19日、川崎重工業がニューヨーク市内の新型地下鉄車両を受注することになったと発表した。受注規模が最大1612両で、総額が約36億1200万ドル(約4000億円)と、川崎重工業として過去最大となった。共同通信社が20日報じた。

川崎重工、NY地下鉄車両の契約で有力候補に 32億ドル規模

 同報道によると、2016年12月、中国国営鉄道車両メーカー最大手の中国中車股份有限公司とカナダ重工業会社ボンバルディア社(Bombardier)による企業連合が、ニューヨーク市地下鉄向け車両入札に参加した。川崎重工業は同年9月に、同入札への参加を決定した。

 中国中車らは、低価格で攻勢したため一時有力視された。一方、川崎重工業は技術面の実力で競争した。

 MTA管轄下のニューヨーク市交通局(NYCT)は、地下鉄の朝と夕方のラッシュ時の遅れが深刻なため、車両の扉を広くした新型車両「R211」に置き換えることを計画していた。

 川崎重工業が同受注計画を承認すれば、今後同社の兵庫工場でサンプル車両を製造し、その後米国現地工場で車両を量産するとの見通しだという。

(翻訳編集・張哲)

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

中朝国境に検問所・放射線検出器を増設 専門家「中国は最悪の事態に備えている」
米副大統領が中東歴訪、和平実現へ「2国家共存」支持すると確認
データ改ざんのやりすぎ?スモッグ監視機に噴霧 設置ビルが氷結=中国寧夏
防衛大綱見直し、サイバー・宇宙・電子戦を強化=小野寺防衛相
日本の常識 世界の非常識
敷金?礼金?保証金?!日本でアパートを借りるのは大変!日本語学校で不動産賃貸講習会開催される。
米大使館のエルサレムへの移転、19年末までに=米副大統領
在日華僑の子供たちの嘆き - もう中国には行きたくない!(上)
人生で一度は見たい幻の景色! 自然が生んだ絶景、日本三景「天橋立」の雪化粧
からだのふしぎ
移植臓器に生前の記憶が残存か?