THE EPOCH TIMES

EU、制裁逃れ巡り一部の北朝鮮国民を渡航禁止などの対象に

2018年01月23日 09時47分

[ブリュッセル 22日 ロイター] - 欧州連合(EU)各加盟国の外相は22日、北朝鮮の核・ミサイル開発を巡る同国への制裁強化の一環として、北朝鮮政府による国連安全保障理事会の制裁逃れを支援していると疑われる北朝鮮国民に対し、渡航禁止と資産凍結の措置を課すことで合意した。

EUは昨年11月の北朝鮮による6回目の核実験を受けた安保理の制裁決議を支持した。これに加え、北朝鮮政府との取引を今もなお続ける個人に対して圧力をかけ続けようと模索している。

今回、EUの制裁対象となった個人の多くは、国連の専門家がアフリカやアジア諸国の北朝鮮外交官と特定している人物で、モザンビークやエリトリア、マレーシアなどでフロントカンパニー(表向きの会社)を通じて北朝鮮政府に石炭、武器、無線装置などの物資を提供しているとみられる。

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

^