THE EPOCH TIMES

中朝国境に検問所・放射線検出器を増設 専門家「中国は最悪の事態に備えている」

2018年01月23日 18時00分

 北朝鮮と韓国による南北会談が今月9日行われた。昨年から続いた朝鮮半島の緊張感が緩和されると期待されている一方で、中国当局が朝鮮半島の有事を想定し、「最悪の事態」に備えるために中朝国境で軍事的な配備を強めている。専門家は、中国共産党内部と北朝鮮金正恩政権内部ではそれぞれ、中朝関係について意見一致していないことが、現在北朝鮮の核問題をめぐり事態の複雑化と不確実性を招いたと指摘した。

 緊迫感が増す中朝国境

 AFP通信(19日付)によると、中国当局は中朝国境地域周辺で、駐在軍力を増大したほかに、監視カメラや放射線検出器を新たに設置した。また、両国の国境線となる鴨緑江の道路上に、中国当局は昨年10月、検問所を数カ所新設した。

 同報道は、核実験を繰り返して行った北朝鮮に対して、中国当局が国連安全保障理事会の一部の対北朝鮮経済制裁に賛同したことから、中朝関係がすでに悪化しているとの見方を示した。

 北朝鮮と中国とロシアの国境線である豆満江(中国名、図門江)北部に位置する中国の龍井市では、川が凍っている今北朝鮮難民が大量に渡ってくることを想定して、各村に自警団が組織された。川に面した水力発電所のダムに設置する監視カメラの数を増やしたという。

 また、大紀元が遼寧省丹東市の各旅行会社に取材したところ、大半の旅行会社は中国人や外国人向けの北朝鮮旅行ツアー業務を行っていないことが明らかになった。条件付きで日帰りの北朝鮮ツアーを行っている旅行会社が数社だけだという。

 丹東市民の張さんは大紀元に対して、国境で巡回する軍兵士の人数や検問所の数が増えたと証言した。「監視カメラが町の至る所にある。しかし、当局は市民に情報を公開していないし、(有事の)注意喚起も行っていない」。

 「私たちは、戦争が起きないよう望んでいる。しかし、国境での情勢が不安定になり、戦争が起きれば、ここから離れるしかない」と張さんは話した。

 複雑な中朝関係

 ジャーナリストの黄金秋氏は、中国指導部内では、中朝関係をめぐって意見が対立していると指摘した。

 「中国高層内部では、いざという時に北朝鮮を切り札として利用し、北朝鮮との関係を維持していくべきだとの意見を持つ人がいる。一方、北朝鮮の頻繁な挑発行為によって、国際社会からの批判・圧力が強まっているため、北朝鮮と一線を画すべきだという意見もある」。

 「そのため、中国当局の北朝鮮政策は二転三転している。だから、当局が国連の対北制裁決議を支持する動きがある反面、公海で中国の船が北朝鮮の船に物資を密輸したりもする。さらに、中国当局の対北政策の機密文書まで流出したのを耳にする」。

 一方、北朝鮮労働党の金正恩委員長にも二つの考えがあると黄氏が指摘する。一つ目は、金委員長は中国当局やロシアが「今後も北朝鮮体制を支持し続ける」と確信していることだ。もう一つは、アメリカが北朝鮮と直接対話を行うならば、金委員長は中国当局との友好関係を放棄し、アメリカに直接、資源や援助を要求するとの打算がある。

 「だから、北朝鮮の対中政策もよくコロコロ変わる」。

関連キーワード

関連特集

^