THE EPOCH TIMES

フェイスブック中国事業幹部離職、中国再進出がとん挫=WSJ紙

2018年01月24日 12時00分

 世界ソーシャル・ネットワーキング・サービス最大手、フェイスブックの中国事業責任者の王黎氏が昨年末に離職したことが明らかになった。現在、同業界の「リンクトイン(LinkedIn)」の元幹部である率鵬氏が、王氏の後任としてフェイスブック中国事業のトップを務めている。米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が22日報じた。

 同報道によると、王黎氏は昨年末に辞職した。王氏は個人的な理由で、米国への帰国を希望したという。

 中国国内メディア「捜狐網」などの報道によると、現在、王黎氏はすでに米国に帰化している。中国出身の王氏は米半導体メーカー・インテル社の中国子会社で10数年勤務していた。2014年、フェイスブックに入社した王氏はおもに同社と中国当局高官との人脈構築に力を入れてきた。16年3月、同社のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)と王黎氏はともに、当時中国最高指導部「チャイナ・セブン」の一人、劉雲山氏と会談を行った。

 フェイスブックは2009年に、中国当局の締め出しを受けて、中国から事業を撤退した。その後、同社は中国当局との関係を改善して再進出を計画していた。このため、ザッカーバーグCEOが数回中国を訪問したことがある。

 昨年、中国ネット情報統制当局である「インターネット情報弁公室」の幹部は、フェイスブックと米検索サイト大手のグーグルが中国当局の法律規定を順守してはじめて、中国市場に進出できると公言した。

 WSJは、王氏の離職でフェイスブックの中国再進出計画がとん挫したとの見方を示した。

 王氏の後任として、昨年9月にフェイスブックに入社した率鵬氏が充てられた。率氏は、中国当局のマクロ経済政策を統括する国家発展改革委員会の元幹部で、情報セキュリティプロジェクトの審査などに携わった。中国国内検索大手「百度」を経て、2014年から米ビジネス・ソーシャルメディア「リンクトイン(LinkedIn)」に勤務。同氏が在任中、同社の中国進出を成功させた。

 率氏のフェイスブック中国事業責任者への起用は、同氏の中国政界における広い人脈が期待されているとの分析が出ている。

(翻訳編集・張哲)

 

関連キーワード
^