ニューストップ ライフ
SNSで持ち主を発見!

8年ぶりに戻ってきた指輪

2018年02月05日 07時00分
(Jade Hutchison/Facebook)

 拾ったまま、ずっと保管していた結婚指輪をどうにか持ち主に返還したいと思った女の子。フェイスブックを利用して、願いが叶いました。

 ジェイド・ハッチソンさん(Jade Hutchison)がオーストラリアのニューサウス・ウェールズ州にあるバーマギー・ビーチへ遊びに行ったのは9歳の時。砂浜を歩いていると、ピカッと光る物が落ちていました。よく見ると、それは誰かの結婚指輪。周りを見回しても持ち主らしき人はおらず、彼女は指輪をそのまま持ち帰りました。

(Jade Hutchison/Facebook)

「その時はまだ9歳だったから、何も考えていませんでした」と話すジェイドさん。しかし、成長するにつれて指輪のことが気になりだしました。

 17歳になり、ローカルのフェイスブックに書き込みをして指輪の持ち主を探すことにしました。

「2010年、休暇でビーチに家族と遊びに行った時に見つけました。持ち主を探したかったのですが、私はシドニー出身で、その辺りに住んでいなかったため、難しかったのです」

「ずっと何年も持っていたのだけど、ぜひ持ち主にお返ししたい」

 すると、持ち主らしき人から早速返信が。「それは、男性用のリングかしら?私の夫が5年以上前に失くしたのだけど」

 夫婦はジェイドさんと指輪の写真を交換し、間違いないと判明。女性がアップした指輪の写真を見て仰天したジェイドさんは、「その時、ボーイフレンドが側にいたのだけど、やっと持ち主を見つけたわ!!と叫んでしまいました」と話しています。

(Lynnette Schaefer/Facebook)

 更に、指輪が見つかった夫婦はその時、ちょうど結婚25周年を目前に控えていたというから何ともよいタイミング。

 妻のリネッテ・シェーファーさん(Lynette Schaefer)は、「信じられないわ、なんだか心臓がドキドキしてきた」とフェイスブックにコメント。すぐに、指輪はリネッテさんのところへ返還されました。

 SNSのおかげで、心温まるサプライズを経験したジェイドさんたち。8年越しの指輪物語は、ハッピーな結末で幕を閉じました。

指輪が戻ってきたリネッテ・シェーファーさん夫婦 (Lynnette Schaefer/Facebook)

(文・郭丹丹)

関連特集

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

英首相、「一帯一路」共同文書に署名せず 中国の「欧州分断工作」に広がる危機感
韓国、五輪控え外国人3万6000人の入国禁止=聯合ニュース
「パンダ誘致より市民生活」自公維新推薦の新人が当選=名護市長選
「何か良いこと」が起きる可能性も、北朝鮮の五輪参加でトランプ米大統領
「衰退の十年」
今もなお38人拘留、中国での報道環境ますます悪化=国際団体
ドリーマー問題は未解決だが政府閉鎖の可能性低い=米上院議員
摂食障害
自殺を考えた女性 バリスタの心遣いに感謝
【日本語に生きる中国故事成語】
実はプラス思考の表現だった「鳴かず飛ばず」
【中国のことわざ】三顧の礼