ニューストップ 文化・歴史

【中国のことわざ】三顧の礼

2018年02月02日 15時45分
諸葛亮を得て、劉備はついに自身の本懐である漢室の復興を実現することになった

 ある人が劉備に諸葛亮を推薦した。彼が稀代の天才だというのだ。そこで劉備は、関羽と張飛を連れて隆中の諸葛亮に会いに行った。ところが、諸葛亮はあいにく不在で、どこに行ったのか、いつ戻るのか、わからなかった。劉備は残念がることしりきりであったが、しかたなく引き返すことにした。

 数日後、劉備は再び隆中に行こうとした。すると、張飛が「人をやってやつを呼んでくればいいじゃありませんか」と言い、劉備はそれを叱った。三人が道の半ばまで行った時、大雪が降ってきた。張飛がまた、「天気が冷え込んで地面も凍っています。引き返しませんか」と言ったが、劉備はとり合わなかった。

 ただ、はからずも、諸葛亮はまた不在であった。劉備は嘆息して、「私にはどうしてこう福徳がないのだろうか。先生に会うこともできない」と、未練を捨て切れずに引き返した。

 年が明け、劉備は吉日を選んで、再び隆中に行こうとした。すると、関羽が「兄貴はもう二回も行きました。私たちはもう十分礼儀を尽くしました。おそらく、諸葛亮は大した人物ではないので、われわれに会わないよう、避けているのです」と言った。張飛も「兄貴が行くことはありません。俺が行ってやつを捕まえて来ましょう」と言った。劉備はそれを聞いて二人に、一緒に来なくていいと言ったものだから、二人はそれ以上何も言わなかった。

 今回は、諸葛亮は家におり、草堂で昼寝の最中であった。劉備は、諸葛亮が目を覚ますまで待とうと考えたが、張飛がまた、「俺が裏庭へ行って家に火をつけてやりましょう。それでもまだ奴が寝ていられるかどうか」と言った。

 それを聞いた劉備は、関羽と張飛を門の外に待たせ、一人草堂の入口で4時間ほど待った。諸葛亮が目を覚まし、着替えを済ませると、劉備は伏し拝んで言った。「涿郡の村民で劉備と申します。先生の名を聞きつけ参りました」。

 草堂で、諸葛亮は劉備に天下の形勢を分析してみせ、劉備の態度が誠実なのを見て、それに応えて彼を助けることにした。諸葛亮を得て、劉備はついに自身の本懐である漢室の復興を実現することになる。

「三顧の礼」が教えるものは、もし他人の協力を得たければ、まず自身の考え方を正し、謙虚に請い願うという気持ちを持たねばならないということだ。


出典「三国演義」

(2008年4月17日の記事を再掲載いたしました)
                                                               (翻訳・瀞元)
 

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

村上春樹さんの「騎士団長殺し」香港「わいせつ図書」と認定 市民が反発
米上院、家電などの輸入障壁削減法案可決 多くは中国で製造
米EU、「敵」から一転 貿易戦回避へ 中国は苦境
EUとの貿易巡る合意の範囲、米政府の想定上回る=米高官
台湾
<台湾表記>44の航空会社が変更 都市名のみの表示も 対応に腐心
北朝鮮と韓国、7月31日に軍事協議─韓国国防省=聯合ニュース
移植を受けた女の子 ドナーの結婚式でフラワー・ガールに
素朴な夫婦愛がここに=イタリア
自閉症の高校生 喝采を浴びたスピーチとは