ニューストップ 経済

中国吉利汽車、メルセデス・ベンツを傘下に? ダイムラー株買収検討=独メディア

2018年02月06日 11時55分
独メディアによると、中国自動車大手吉利汽車が、独高級車メルセデス・ベンツの親会社であるダイムラーの株式買収を検討している。買収案が成功すれば、吉利汽車はダイムラーの筆頭株主になるとの見通しだ。(Thomas Niedermueller/Getty Images)

 中国自動車メーカー吉利(ジーリー)汽車の創業者である李書福氏が、ドイツの同業ダイムラーの株式を買収する計画をしている。買収案が成功すれば、李氏はダイムラーの筆頭株主になるとの見通しだ。独紙・ビルトが4日報道した。独メディアは、李書福氏は習近平国家主席と近い関係にあるため、今回の買収案には中国当局の意向があるとの見方をする。

 ビルトによると、李書福氏はすでにダイムラーのディーター・ツェッチェ会長との間で株式の買収をめぐって会談を行った。李氏は、吉利汽車がダイムラーと提携することで、自動車産業に参入したアップル社やグーグルなどIT大手と勢力拡大を競っていくと表明した。

 ダイムラーは、高級車メルセデス・ベンツや小型車スマートなどのブランドを製造販売している。現在同社の筆頭株主は、中東国クウェートの政府系投資ファンドで、同社の約6.8%株式を保有している。

 「ビルト」は、現在ダイムラー株式の時価総額が約900億ドル(約9兆9000億円)であるため、李書福氏の出資規模は60億ドル(約6600億円)以上と推測した。

 吉利汽車の親会社である吉利控股集団(ジーリーホールディンググループ)(浙江省杭州市)は2010年、約18億ドル(約1980億円)で米自動車大手のフォードから、スウェーデン自動車メーカー「ボルボ・カーズ」を買収した。13年、英名物の黒塗りタクシー、「ブラックキャブ」を生産する英マンガニーズ・ブロンズを傘下に収めた。17年5月、マレーシア自動車メーカーのロータス・カーズの株式51%を獲得した。

 独メディア「ドイチェベレ」中国語電子版(4日付)は、吉利控股集団の急速な事業拡大の背景には中国当局からの後押しがあったと指摘した。

 習近平国家主席が過去、浙江省トップに就任した02年に吉利汽車を視察した。当時中国政府系メディアが、習氏は「吉利のような(民間企業)を、われわれが力を入れて発展させなければならない」と発言した、と報じた。03年、吉利汽車は本部を浙江省台州市から、省都の杭州市に移転した。

 また中国メディアによると、07年上海市トップになった習近平氏は同年の上海国際モーターショー期間中、吉利汽車のブースを訪ね、「吉利汽車のグローバル進出を一日も早く実現させるようにしたい」と述べた。

 中国市場調査会社の胡潤研究院が昨年発表した中国人富豪ランキング、「胡潤百富榜2017年」によると、李書福氏と息子の李星星氏の総資産規模は1100億元(約1兆9000億円)で、10位にランクインした。

 

(翻訳編集・張哲)

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

平昌オリンピック
韓国政府、北朝鮮からの芸術団に飲食料や燃料を支援
北朝鮮の万景峰92号が韓国到着へ、平昌五輪開催中に芸術団が公演
中国2隻目国産空母、戦闘機搭載数40機に=米誌
ロシア疑惑捜査、民主党文書の公開を下院情報委が可決
英首相、「一帯一路」共同文書に署名せず 中国の「欧州分断工作」に広がる危機感
韓国、外国人へのキャピタルゲイン課税強化計画を撤回
屠殺場で足を止め涙を流した老僧 そのわけは?
SNSで持ち主を発見!
8年ぶりに戻ってきた指輪
摂食障害
自殺を考えた女性 バリスタの心遣いに感謝