ニューストップ 国際

台湾、域内企業に対北朝鮮制裁の順守求める 国連報告受け

2018年02月07日 02時30分
A stamp issued to celebrate North Korean leader Kim Jong Un is seen in this undated photo released by North Korea's Korean Central News Agency (KCNA) in Pyongyang January 31, 2018. REUTERS/KCNA

[台北 5日 ロイター] - 台湾当局は5日、国連制裁に違反しての北朝鮮との貿易を行うことのないよう域内の企業に呼び掛けるとともに、監視を続けていると表明した。台湾を拠点とする船舶が(北朝鮮に)石油製品を供給していたとの国連の調査報告を受けたもの。

ロイターが確認したこの機密報告は、国連の独立監視団が安保理の制裁委員会に提出したもの。監視団は制裁違反に当たる海上での石油製品密輸について調査し、こうした船舶は主に台湾が拠点だったと指摘した。

台湾は国連に加盟していないが、国際社会の責任ある一員として北朝鮮の核・ミサイルプログラムの抑制に向けた制裁が確実に履行されるよう取り組む姿勢を示している。

台湾の外交部(外務省に相当)はロイターへの声明で、台湾当局は制裁履行に積極的に関与しており、米国や国際社会に努力を認められていると説明。その上で、制裁の違反行為に当たるとの報告については監視を続けていくとした。

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

平昌オリンピック
韓国政府、北朝鮮からの芸術団に飲食料や燃料を支援
北朝鮮の万景峰92号が韓国到着へ、平昌五輪開催中に芸術団が公演
中国吉利汽車、メルセデス・ベンツを傘下に? ダイムラー株買収検討=独メディア
ロシア疑惑捜査、民主党文書の公開を下院情報委が可決
英首相、「一帯一路」共同文書に署名せず 中国の「欧州分断工作」に広がる危機感
韓国、外国人へのキャピタルゲイン課税強化計画を撤回
屠殺場で足を止め涙を流した老僧 そのわけは?
SNSで持ち主を発見!
8年ぶりに戻ってきた指輪
摂食障害
自殺を考えた女性 バリスタの心遣いに感謝