ニューストップ 中国

旧正月直前 中国で地震頻発、ネット上で不安の声

2018年02月15日 15時28分
中国では今月に入ってから、各地で地震を観測された(中国地震ネットワーク・センターより)。

 今月に入ってから、中国各地で地震が観測された。15日だけで新疆、チベットなどで4回の地震が発生した。

 中国地震ネットワーク・センター(CENC)の発表によると、北京時間15日午前6時30分、新疆ウィグル自治区アクト県でマグニチュード(M)3.9の地震が発生した。震源の深さが5000メートル。同日午前1時頃に伊寧縣でM3.9、午前7時58分にチベッド那曲地区ニマ県でM4.2、同日午前11時27分に雲南省シャングリラでM4.0の地震がそれぞれ観測された。 

 14日、北京市に隣接する河北省の張家口でM3.2の地震も発生、北京市内でも揺れが観測された。

 2日、中国南部の雲南省瑞麗市でM4.3、8日新疆ウィグル自治区バルクル・カザフ自治県でM4.2の地震が観測された。

 9日には、3カ所で地震が発生した。北京時間午前5時頃、チベット高原北部にある青海省玉樹チベット自治州雑多県でM4.0、午後7時頃、河南省南陽市でM4.3、午後11時頃には雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州景洪市でM4.9。

 さらに、12日河北省廊坊市永清県でM4.3、13日青海省海西州都蘭県でM4.0の地震が発生した。

 中国は16日に旧正月を迎える。新年を祝うムードが広がっている中で、インターネット上では、ネットユーザーらが頻発する地震を不吉な前兆と捉え、コメントを寄せている。

 「もうすぐ新年なのに、地震が頻発している。北京周辺の廊坊や張家口でも発生した。なぜ北京の周りで起きるのか」

 「次は北京か」

 「地震が連続的に起きているのは、やはり大地震の前兆なのか」

 「2018年は大丈夫か」

(翻訳編集・張哲)

 

Outbrain
記事ランキング(24時間)

 

英人気アニメ「ペッパピッグ」が不良分子?中国のネットから削除
焦点:北朝鮮が破棄約束した核実験場、すでに「使用不能」か
超監視社会の中国、親の信用度で子供は入学できず
中国、南沙諸島に対艦巡航ミサイルなど初配備=CNBC
「板門店宣言」完全な非核化と終戦宣言は実現されるのか
米国が南シナ海軍事化巡り中国に警鐘、「相応の結果伴う」
日本伝統の都・京都で中国伝統文化の花が咲く 「涙溢れ出る」
彼女が残した言葉
オードリー・ヘプバーンが本当に美しいワケ
ホームレスに扮した牧師 彼が試したのは…?