THE EPOCH TIMES
将棋

藤井五段、羽生竜王・広瀬八段を破り最年少棋戦優勝、六段に昇段

2018年02月17日 21時45分

第11回朝日杯将棋オープン戦本戦が17日、都内で開かれ、藤井聡太五段が最年少棋戦優勝を決めた。日本将棋連盟は同日、昇段規定を満たしたため、藤井五段は六段に昇進したことを発表した。

準決勝で羽生善治竜王VS藤井聡太五段の対局で藤井五段が119手で羽生竜王を破り、決勝へ勝ち進んだ。決勝では、準決勝で久保利明王将に勝った広瀬章人八段と対局し、藤井五段が広瀬八段を117手で破り、初優勝を決めた。

一般試合での初優勝を飾った藤井五段は、このたび、六段昇段規定にある「五段昇段後全棋士参加棋戦優勝」を満たしたため、六段に昇段した。さらに、15歳9カ月で最年少棋戦優勝記録を打ち立てた。昨年6月に引退した加藤一二三九段が1955年に優勝した「六・五・四段戦」の15歳10ヶ月(当時)を塗り替えた。

(文・甲斐天海)

関連キーワード
^